ちょーぐるとに含まれる成分に関するQ&A

今回は、ちょーぐるとに含まれる成分についての質問と答えをまとめました。

SOY受賞記念スペシャル!【送料無料】タマチャンの食べる美容体験プレミアムセット!みらいのこうそ&ちょーぐると・こなゆきコラーゲン・いのちのワイン・みらいのエステが全て試せる限定特別お試しセット【お一人様1セット限り】

なるほど!成分Q&A

【Q1】原産地は?

【A】厳密に言うと、植物発酵酵素末の元原料の中の
キウイ(ニュージーランド)、パイナップル(フィリピン)があります。
これ以外は全て国産原料となります。

また、ラクトフェリンは森永が製造メーカーです。

【Q2】乳酸菌の原料で牛乳は使われてるの?

【A】ちょーぐるとに含まれるラクトフェリンは、ナチュラルチーズを
製造する段階でつくられるホエイ(乳清)から取り出して作られます。
このナチュラルチーズを作る段階で使用する牛乳は、
原料メーカーによると、日本国内の農家から直接仕入れを行い
残留農薬の検査も行われています。

牛乳アレルギーのある方や、乳製品をとることを制限されている方は
かかりつけの医者に「ラクトフェリン」を摂ることについて
身体に害はないかどうかご相談の上、お飲みください。

【Q3】糖尿病が気になるのですが、砂糖は含まれているのですか?

【A】砂糖は使われていません。甘みを感じる成分に「オリゴ糖」が含まれて
います。
オリゴ糖は分子が大きいため、消化に時間がかかるので血糖値の上昇は緩やかです。
砂糖のように急激に血糖値を上げることはありません。
またオリゴ糖は、体内に入った時、胃や小腸などで消化されずそのままの形で大腸にまで達します。そしてそこで善玉菌のエサとなります。その結果、善玉菌を増やすように働くのです。

そのようにして体内に入ったオリゴ糖は腸内環境を整える働きをするのです。

【Q4】食物繊維はどれくらい含まれているのですか?

【A】食物繊維がどれくらい含まれているのか、繊維量を測って
いないのではっきりした答えはできないのですが、
おそらくちょーぐると一食分約3グラムあたり、600から1000mg
くらいの範囲で含まれているのではないかと推測します。

【Q5】多量に摂取すると身体に良くない?

【A】乳酸菌を多量に摂取しても、副作用はないと言われます。
しかし、胃腸が弱い人は、腸の蠕動運動が活発になりすぎる
ことで、腹痛や下痢を起こす場合があります。

ちょーぐるとに含まれているオリゴ糖は、腸内の良い菌のエサになる
サポート成分ですが、同時に水分を呼び寄せる性質をもっているのです。
多すぎる量を摂ったとしても、1週間ぐらいで体外へ排出され
ます。
一度に多量に摂取するよりも、自分の身体の状態に合わせて
量を調節しながら、毎日継続して摂っていくことを
おススメします。

まとめ

原料に関する答えから、ちょーぐるとに含まれている原料は安心安全なものであることが
わかりました。
ただ、摂りすぎに注意すること、原料に含まれている乳成分にアレルギーを
おもちのかたは、かかりつけの医師にご相談の上、摂取するよう薦められています。

ポイントをしっかり押さえながら、乳酸菌をうまく生活に取り入れて
美肌づくり、美ボディ作りを楽しんでハッピーになってはいかがでしょうか?

▼▼▼くわしくはこちらをチェック▼▼▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする