聴覚障害者向けの自治会組長挨拶文を作ってみました

こんにちは。さなです。

今年早々、近所のYさんが足が悪いので組長を引き継いでほしい

という話があり、こないだ自治会の総会に出席したところです。

組長の仕事は地域によって様々ありますが、だいたいまとめると

会費集金

配布物の配布

公園などの清掃の前段どり

自主防災訓練の前段どり

街灯の管理

などのほかに、集会所の使用手続きや入居者、退去者の届け出があります。

早速、最初の仕事である会費集金が待っています。

会費集金の前に、配布物と組長挨拶文(前年度分を参考に作成)を配ります。

気の早い方は挨拶されるとすぐ、

会費払うけどよろしいか?

と聞いてくるので、用意ができておりませんと言うしかありません苦笑

配布物を配る際には、会費徴収のことも視野に入れて準備しないと

いけないのか~・・・。

そういうわけで二度手間ではありますが、会費徴収に行ってくることにします。

と、その前に。。

組長挨拶文がありますが、私たちの居住地区では年配の方が多いので、

年配用にフォントの大きいサイズで作成しました。

(私もフォントが大きいのは読みやすくて助かる!)

若い世帯は、多少フォントサイズが小さくても大丈夫かと思って、

ワードで作成。

別にここまでしなくても、フォントの大きいので十分対応可能だと

思うんですけどね・・・。

それと、居住地区に耳の不自由な方がすんでみえるので、

聴覚障がい者用の挨拶文を作成し、封筒に入れてポストインしました。

挨拶文といっても、前年度のを参考にして作成するので

特別変えるわけではないですが、

「会ってもらえるように、自分で日時を指定する」

ようにします。

耳の不自由な方は通常の話が困難なので、

こちらで日時を指定すれば

ほとんどその時間に待っていてくださるので安心です。

以上、今回は組長挨拶文作成と配布物、会費集金の前段どりについて

また障害者向けの挨拶文の作成について、

感じたことを書いてみました。

自治会挨拶文聴覚障害者向けテンプレート

↓↓

平成31年4月15日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする