八味地黄丸は中高年女性に効果あり?副作用と飲み合わせについて慎重に調べた結果・・・

八味地黄丸は、尿漏れや夜間尿などの症状に悩む方のための漢方薬です。

中高年になり、おしっこを出す働きが低下してくると、人によっては、頻尿=トイレに何回も行く)になったり、排尿困難=(おしっこのでが悪い)にもなります。更年期になってくると女性も男性も更年期独特の症状に悩むようになります。

こうした更年期独特の症状(尿トラブルもその一つ)を改善するのが八味地黄丸です。

八味地黄丸というと、思い出すのがカネボウという会社です。カネボウの元社長の話の中で、社長が係長時代にある商品の販売業務を手掛けておりそれが大成功したという内容でしたが、それが八味地黄丸だったということです。今でもクラシエ薬品販売会社として存在しているようです。

その頃はまだ「若かった」私は、八味地黄丸?何それ?ていう感じでした・・・。まさかそんな年代になるとはね(^^ゞ

今回は更年期独特の症状の改善におすすめの、八味地黄丸が女性にも効果があるのか?また、八味地黄丸には副作用があるのか?薬との飲み合わせはどうか?についてご紹介したいと思います。

▼商品のくわしい内容はこちら▼

【生漢煎 八味地黄丸】

八味地黄丸は中高年の女性に効果あり!?

更年期になると、女性ホルモンの分泌が衰えるので急激に不調を感じるようになります。イライラ、のぼせ、発汗、不眠、顔や体のほてり(ホットフラッシュともいわれる)、めまいなどの症状に悩まされます。

そうした過程を経て、閉経、尿漏れなどを経験するようになります。身体は急激に弱ってくるのではなく、ジワリジワリと年をとってくるのです。そのために自分が年をとってきたと実感しにくいのです。

身体が衰えてきているというのに、自分の頭の中ではそれを認めたくないので無理をしがちです。その無理が重なり身体に不調が形として現れるのです。

女性の体質にあわせた漢方療法では、女性の体質に合わせた治療が行われているようです。本来なら身体の不調を掘り下げて漢方は処方されるものでしょうが、昨今では仕事で活躍される女性が増えてきて、身体の不調を漢方をサプリ感覚で全部補ってもらおうとする傾向が見られます。それだけ毎日の生活が忙しくなっているということでしょうね。

中高年が八味地黄丸に頼る理由

漢方の考え方では腎は臓器の腎だけではなく、「人間がもともと持っている生命力」のことを指しています。

生命力が弱ってきたことを腎虚というのですが、身体の老化によって生命力が衰えつつあるということです。

また、腎は元気の源と呼ばれ身体を温める「気」の働きと身体に栄養を運ぶ「血や水」の働きがあり、それらの調節機能をになっています。

腎が弱ってくると身体の冷えとなってあらわれます。尿漏れ、夜間の頻尿といった症状があります。腎は生殖機能も表していて、中高年になってくると生殖機能が衰えてくるのです。しかし、八味地黄丸を飲むことで身体全体の機能が若々しさを取り戻すかのように、力がみなぎってくるといわれています。精力がつくので夜の生活が回復するというのですよ。

若いころよりも、中年以降の方が艶があって元気な人が多いのはそのせいなのかしらん。。。
(なっとく)

▼商品のくわしい内容はこちら▼

【生漢煎 八味地黄丸】

八味地黄丸の漢方薬は副作用がある?飲み合わせはどう?

八味地黄丸の主な効能として、頻尿、残尿感、排尿困難、夜間尿、軽度の尿漏れ、かすみ目、腰痛、下肢痛の治療薬として効果があります。また、高血圧に伴う肩こり、頭痛、耳鳴りにも適しています。

ですから、飲む量やパッケージに表示されている効能と自分の症状に合えば、八味地黄丸を飲むことができます。しかし、次の方は飲まないようにしてください。

胃腸の弱い人

薬剤アレルギーをお持ちの人

これらの方は副作用が出やすくなりますので、ご注意ください。万一服用して皮膚症状、腹痛、下痢、食欲不振、胃部不快感などの副作用が現れた場合はすぐに服用を中止して医師や薬剤師または登録販売者にご相談ください。

また、持病をお持ちで薬を毎日飲んでいる人や、妊娠中や妊娠の可能性のある人、体力があり、のぼせ易い人、アレルギーになりやすい人はかかりつけの医師にご相談ください。

また、高血圧の場合についてですが、高血圧の薬と一緒に飲んで良いかどうか副作用があるんじゃないかなと気になりますよね。

高血圧の薬も八味地黄丸の薬もどちらもお薬なので、飲む前にかかりつけの医師や薬剤師に相談するようにしてください。

八味地黄丸の錠剤の中に含まれるブシ末を始め他の漢方薬との飲み合わせにはご注意ください。

あわせて知りたい、効果が出るまで飲む?

万一飲み忘れた場合でも用法や用量を守って飲んでください。薬ですから、飲み忘れたからといって多く飲まないようにしてください。

使用上の注意点として、八味地黄丸は胃腸の弱い人や下痢しやすい人は服用を禁止されています。胃腸の弱い人は、常に胃腸薬が必要な人や常に便が緩かったり下痢しやすく医療機関で治療を受けている人が該当します。

1カ月服用しても症状が良くならない場合は、薬が合わない可能性があるので、医師や薬剤師に相談してください。効果を感じる場合はそのまま継続して飲んでもかまいません。ただし症状が無くなった場合は服用をやめてください。

胃が空っぽの状態の方が吸収がしやすいので、食前、食間(食事と食事の間、食後約2時間)に飲んでください。

生漢煎の八味地黄丸はツムラやクラシエとどう違う?

八味地黄丸は腎の機能を高める生薬をメインに、8つの生薬が配合されています。

しかし、漢方薬にも医療用医薬品と、第2類医薬品とのくくりがあることがわかりました。

医療用医薬品は基本的に医師の処方に従って主に医療機関や病院外の調剤薬局で患者に提供するものです。効果は高いですが、重大な副作用の恐れがあるものもあります。

第2類医薬品は、一般的な医薬品で薬局や薬店で販売されているものです。主に薬剤師登録販売者が対応することができます。

医療用医薬品として調剤薬局で提供されているのは、ツムラやクラシエのほうです。またクラシエは第2類医薬品として薬局で販売されている商品もあります。

生漢煎の八味地黄丸も第2類医薬品として、内容量は医療用医薬品よりも少なく効き目は穏やかです。

八味地黄丸のブランド名別に販売名と組成、性状について調べてみました。

ブランド 販売名 成分・分量 性状
ツムラ医療用医薬品 ツムラ八味地黄丸エキス顆粒 日局ジオウ・・・・6.0g

日局サンシュユ・・3.0g

日局サンヤク・・・3.0g

日局タクシャ・・・3.0g

日局ブクリョウ・・3.0g

日局ボタンピ・・・2.5g

日局ケイヒ・・・・1.0g

日局ブシ末・・・・0.5g

(添加物)

日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物ショ糖脂肪酸エステル

顆粒剤、灰褐色、特異なにおい、苦い

ツムラ/7

クラシエ医療用医薬品 クラシエ八味地黄丸料エキス細粒 日局ジオウ・・・・5.0g

日局サンシュユ・・3.0g

日局サンヤク・・・3.0g

日局タクシャ・・・3.0g

日局ブクリョウ・・3.0g

日局ボタンピ・・・3.0g

日局ケイヒ・・・・1.0g

日局ブシ末・・・・1.0g

(添加物)

日局ステアリン酸マグネシウム、日局結晶セルロース、日局乳糖水和物、含水二酸化ケイ素

褐色~暗褐色の細粒、特異なにおい、わずかな苦みと酸味

KB-7

EK-7

生漢煎 生漢煎 八味地黄丸オオクサ 一日分量60粒中

ジオウ・・・・1600mg

サンシュユ・・800mg

サンヤク・・・800mg

タクシャ・・・600mg

ブクリョウ・・600mg

ボタンピ・・・600mg

ケイヒ・・・・200mg

ブシ末・・・・200mg

(添加物)

記載なし

蜂蜜で練ってある、効果はゆるやか

この表は医療用医薬品と、第2類医薬品の商品の成分・分量、性状とを比較したものです。

生漢煎の八味地黄丸の現在の価格は?

生漢煎の八味地黄丸の販売価格は公式サイトでは以下のとおりです。

ただいま定期コースのお申し込み限定で、4,900円(税抜)+送料が、初回限定特別価格1,900円(税抜)送料無料で購入が可能です。2回目以降も3,900円(税抜)送料無料と、お得に購入できます。

1回限りの初回限定では、4,900円(税抜)+送料が、1,900円(税抜)+送料700円で購入できます。

▼商品のくわしい内容はこちら▼



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする