銀翹散の効果的な飲み方に行き着くまでの闘病記

このところ2週間くらい、けっこう忙しく過ごしていました。

家事、子育て意外にのしかかってきた地域のお仕事、パートのお仕事

で、それなりの忙しさの中でも何とか体調は保っておりました。

(それは完全な思い込みの世界だった)

まさか風邪をひいて寝込むなんて夢にも思いませんでした。

しかし、ここから私の闘病生活が始まったのです。

ルキノンエースα(アルファ)はわりと効いた

その「夢にも思わなかった」1週間前の夜のことです。

夢うつつで

あれ?のどが痛いぞ?おかしいな~

気付いては寝て

あれ?のどが痛いぞ?

と思いつつ、寝てはまた

あれ?のどが痛いぞ?

夢とも現実ともつかない感じで、気がつくと朝になっていました。

運命の朝起きてみると、やっぱりのどが痛い、

おまけに熱もあります。あ~正夢か~?

身体もぐったりしたようで起きるのもしんどい。

やば、のど風邪ひいた

やおら起き上がってトイレへ急ぐと、何となく吐き気がする。

あ~やヴぁ~い!大変だ、早くお薬飲まなきゃと思い、

自己判断でいつもの太田胃酸を飲みました。

それと、キャッツクローのサプリを同時に2錠口に

急いで放り込みました。

いつもだと、いっしょにコロイダルシルバーという

優秀な体内除菌用のスプレーがあるのですが、

そういうときはわりと役に立ってくれています。

何とも言えないだるい感じが抜けはしたのですが、今回は

「泣き面に蜂」

というのはこういうことを言うのだとおもいます、

のどの痛みと発熱の予期せぬ襲撃に遭い、完全にノックダウンです。

体温を測ると7度3分でそれほどでもないのですが、

体感温度的には8度を超えているようです。

ダウンしながら私はボ~っと考えました。

「どうしよう、お仕事休もうか?」

その日に限って朝一で入らないといけないシフトが入っていました。

「休むわけにはいかぬ」

と頭の中はグルグル螺旋のように、巡っておりました。

結局変なところで鼻っ柱の強い私は、

無理を押してお仕事へ行くことにしました。

勢いで仕事場へ向かったものの、身体は完全に

戦闘モードから脱落モードで、

お仕事どころではありません。

普段担当している惣菜の油のにおいが、

ボディブローのようにじわりと身体に

効いてきます。

何としてもこの時間を制覇しないと!

もうどうにでもなれ、という気持ちと、

何とかなってるという安心感で頭はパニック

状態です。

やっと解放の途につきましたが、食事どころではないし

水分をほとんど摂っていなかったせいもあって

身体がふらふらです。

イオン飲料をちびりちびり飲みながら

これで少しはマシになるだろうと思い、

旦那からもらったルキノンエースαを飲みました。

西洋系の医薬品はめったに飲まないのですが、

即効性があり、少しお世話になっています。

熱を測ると7度8分ありました。

ルキノンエースαとのどぬーるで何とか収まって

きたようなので、そのまま休むことにしました。

▼ルキノンエースαについてはこちら▼

カイテキオリゴはよくわからない

日ごろから健康には気を配っているつもりの私も

腸の調子がいまいちだと憂鬱になります。

漢方でいうインキョ(陰虚)タイプで、

身体がほてりやすく、

口が乾きやすい、

髪の毛や肌が乾燥しやすい

便秘がち

な特徴があります。

今回闘病前にネットで購入した、カイテキオリゴが

届きました。

カイテキオリゴは、身体が健康なときは

わりとすぐに調子がよくなって

いいじゃない?って思っていたのですが、

今回絶不調な時に飲んでも

正直あまりよくわかりません。

カイテキオリゴが身体の不調を和らげるわけ

でもないし、

カイテキオリゴで身体のウィルスに何らかの

攻撃を仕掛けるわけでもない

ということなんでしょうか。。

ただ、カイテキオリゴを飲み始めて

3日目くらいから、お腹の調子がよく

なってきつつあるのを感じました。

頼りないと思っていましたが、私のおなかで

頑張ってくれていたと思うと、

ちょっとうれしくなりました。

▼カイテキオリゴについての内容はこちら▼



▼楽天での購入はこちら▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする